Loading

スムーズに利用ができる

就活サイトの大手はリクナビとマイナビですが、これら二つに登録していたとしても、日経就職ナビに登録する価値があるという口コミは多かったです。
エントリーできる会社は他社よりも少ないのですが、それでも十分な数があります。
就活生の中には日経就職ナビに登録していない人もいるのですが、だからこそ周りに差をつけることができるという評価もありました。

他の大手サイトとは異なり地方での就活をしている方のためのコンテンツも充実しています。
日経就職ナビはいろいろなイベントを利用していて参加しやすい点もメリットとされています。
専用アプリを使って申し込みができるため、とてもスムーズに利用できるのです。

イベントに参加するとナビポイントを貯めることができて、このポイントで素敵なプレゼントに応募できる点も評価されています。
日経就職ナビにはコンテンツがたくさん用意されており、そのどれもが使い勝手があるという口コミも多いです。
仕事診断をしたり、就活に役立つニュースを配信していたり、筆記試験対策としてさまざまな解説記事も用意されています。

女子ナビや理工系ナビ、外国人留学生ナビというものもあり、役立つ情報がたくさんあるのです。
日経就職ナビに登録をしても後悔することがないサイトだと太鼓判を押している口コミはたくさんあります。

日経就職ナビのデメリット

日経就職ナビに関してデメリットがあるという口コミもあるため、そちらも紹介しましょう。
まず、サイト内の日本語の表現がおかしい部分があるという批判の口コミがあります。
お気に入りページに企業を加えたあとに、それを削除することができないという口コミも出ています。

他には、全体的にインターフェースが使いにくくなっており、ストレスを感じることがあるという不満もありました。
他のサイトに掲載されていない求人情報はありがたいが、求人情報の数が限られている点も不満意見となっています。
スマホや携帯から確認しようとしても使いにくいと文句を言っている口コミもあります。

リクナビやマイナビといったサイトと比較するとページごとの移動に時間がかかる点がストレスになるという意見もありました。
情報収集には便利であるという意見が多いのですが、その代わり使いにくさがネックとなっているため、利用するのを躊躇してしまうという口コミもあります。
このようにデメリットもあるのですが、リクナビには登録されていない優良企業が日経就職ナビに登録されていることもあるため、登録する価値はあるという評価をされています。
これから新卒者として就活をするならば、日経就職ナビにも登録しておくと良いでしょう。

Top